TOEIC 200点

三流工業高卒がTOEIC200点から900点に改善したら、海外でプチ富豪生活することに

TOEICで200点から脱出するための勉強法を解説


tOEIC

 
TOEICで200点から脱出するために
いきなり600点を目指したとしても
高すぎる目標は途中で挫折してしまう。
 
 
まずはTOEIC 300点を超えることを
目指してみよう。
 
そこでTOEIC 200点を抜け出す勉強法を
解説する前にまず整理しておきたい。
 
 
それはTOEIC 200点がどのレベルに
あたるのかということだ。
 
 
 

TOEIC 200点の英語の実力

TOEICの回答をとりあえず全て埋めた
というのにも関わらず200点しか
点数が取れなった人の実力について。
 
 
リスニング、リーディングでそれぞれ
何点取れているかという分析も出来るが
それ以上に大きな問題がある。
 
 
それはTOEIC 200点の人は
間違いなく中学英語が理解出来ていない
状態だということ。
 
こういう風に言われると
中学英語くらいは理解していると
不満に思う人がいるかもしれない。
 
そこでひとつ簡単な英訳問題を。
 
 
『庭に2匹の犬がいる』という
文を直ぐに英語に訳せるだろうか?
 
 
 
これは中学レベルのThere isを使った
構文なので中学の基礎が出来ていれば
難なく訳せるレベル。
 
 
ちなみに英語で
『There are two dogs on the garden』
と訳す。
 
中学英語が完璧に身についている状態とは
これを1秒で瞬間的に訳せる状態だ。
 
もし訳すのに10秒以上かかったり
直ぐに出てこなくて書きながら考えて
しまった場合は残念ながら中学基礎が
身についていない。
 
 
There isは中学1年で習う内容なので
TOEIC 200点の人でも訳せたかもしれない。
 
しかし中学英語の全部の範囲で
瞬間的に訳せるようになっている
ことが完璧に身についている状態。
 
TOEIC 200点の人はまず中学英語が
完璧に身につくことを目指そう。
 
 
何故なら中学英語が本当に完璧に
理解できていればTOEICで400点近くは
取れるようになるからだ。
 

まずは中学英語の復習から始める

 
 
 

TOEIC 200点から脱出するための目標

それではTOEIC 200点の人が行う勉強だが
目標と学習期間は以下のようになる。
 
 

目的:英語の土台作りのための基礎構築
学習期間:2ヵ月~3ヵ月
学習時間:2時間/day
累計学習時間:約120時間
累計習得語彙数:1000語
到達できるTOEICスコア: ~350点

 
 
TOEIC 200点の人はこれまで学生の時に
やってきた英語学習の蓄積が期待
出来ない状態。
 
そこで、ゼロから基礎を構築するために
120時間程度の学習時間を確保する
必要がある。
 
 
ここで120時間も勉強することに
抵抗がある人もいるかもしれない。
 
しかし、語学を身に着けるためには
継続した勉強と繰り返しの学習が必要。
 
簡単に、すぐに身に付くものではなく
ある程度の学習量は必ず必要となる。
 
 
世間に溢れているような、努力しないで
簡単に身に付くような裏技なんてものは
存在しない。
 
これはTOEIC 200点から独学で英語学習を
続けて英語力を身に付けた経験から
断言できることだ。
 
 
そうはいっても。
 
 
勉強する習慣が身に付くまでは勉強する
こと自体が苦痛だろう。
 
慣れない内は1日に1時間でもいいので
英語の勉強を始めて、慣れてきたら
2時間しっかり勉強することを目指そう。
 
出来れば毎日勉強した方がいいが
週に1日程度はオフでも構わない。
 
 
そしてTOEIC 200点から脱出するための
英語力を付ける為に大事なことは
ただ120時間勉強すればいい訳では無い。
 
一気に勉強するより2ヵ月程度かけて
少しずつ勉強する方が英語力が付く。
 
少しずつ繰り返しながら勉強することで
英語の知識を自分の中に刷り込むことが
出来るからだ。
 
・勉強時間は1日2時間を目標に
・長期的に継続して勉強する

 
 
 

TOEIC 200点から脱出するための勉強

具体的な勉強法は以下の3つになる。
 
 
とてもシンプルに感じるかもしれないが
基礎作りのレベルである間はあれこれ
やるよりこれだけに集中しよう。
 

  • 発音の本を通読し発音記号を覚える

  • 中学英文法の本で学習のやり直しを行う

  • 中学英語ドリルで和文英訳や穴埋め問題を解いて基礎固めを行う

 
 
それぞれ解説してみよう。
 
 

1)発音の本を通読し発音記号を覚える


外国語を覚えるために大切なことと。
 
 
それはその言葉の発音方法を正確に
理解するということだ。
 
 
自分で正確に発音出来ない言葉は
聞き取ることも難しい。
 
語学学習の目的はその言葉を覚えて
コミュニケーションを取ることだ。
 
知識として身に付けているだけで
自分で発音出来ないのであれば
語学を習得している意味が無い。
 
 
TOEIC 200点の英語初心者の時に
正確な発音方法を身に付けることで
新しい単語を勉強するときにも
発音に困ることが無くなる。
 
 
 
それではどんな教材を使用すればいいのか。
 
 
個人的なお勧めは『松澤喜好著:英語耳』だ。
 

 
母音、子音の発音記号と発音方法が
まとめられていて、学習が終わった
あとも発音の確認に便利な本。
 
発音練習用のCDが付録として付いて
いるので、この音声を聞きながら
繰り替えし勉強していく。
 
 
進め方としては1週間、同じ20トラックを
繰り返して練習する。
 
次の週になったら次の20トラックに
進んでまた1週間は繰り返し
勉強するという流れ。
 
 
発音学習はスポーツの練習に似ていて
とにかく反復して身に付けていく。
 
1ヶ月も続ければ、徐々に英語の発音が
改善されていることを実感できるだろう。
 
ここまでくれば一度学習は完了しても
問題ないが、出来ればしばらくの間は
英語学習の合間に発音練習を
継続するようにしよう。
 

英語の発音方法を理解する

 
 

2)中学英文法の本で学習のやり直しを行う


英文法の学習と言われて嫌悪感を抱く
人も多いかもしれない。
 
 
実際に俺自身も学習初期は英文法の
学習が嫌いでずっと避けていた。
 
もっと簡単に英語を身に着けられると
色々勉強方法を模索したが、結論は
英文法の学習が必要だということ。
 
 
しかし、英文法の学習は基礎レベルで
十分だということも分かった。
 
TOEICで出てくるような難しい表現も
英文の構成を見れば基礎文法の
組み合わせや発展形であることが殆どだ。
 
その為、最低でも基礎レベルの英文法を
しっかりと身に着ければ、その後の
英語学習を加速させることが出来る。
 
 
とくにTOEIC 200点の人は基礎が
固まっていない状態なのでここで
英文法の基礎を身に付けておこう。
 
使用する教材は『くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで』だ。
 

 
学習の進め方は特別なことはせず
ページの案内に従って例文を読み
文法と単語を理解していく。
 
 
例文を読むときの注意点として
必ず音読をするということ。
 
俺も自分の経験から音読の絶大な効果を
実感しているから断言できる。
 
音読出来ない英語は耳で理解することが
出来ないので、スムーズな音読が出来る
ようになるまでしっかり声を出して
読み上げることが重要だ。
 
 
音読目標として明確な回数は無いが
スムーズに音読出来るようになったあと
さらに5回程度は読むようにしよう。
 
これは理解出来たと思ったあとに
繰り返して学習することでしっかりと
自分の力にする為。
 
 
全項目の学習が終わったあとは
最初のページから通して音読を繰り返す。
 
一度学習した範囲なので、簡単に音読
することが出来るようになっているだろう。
 
これまでよりはスムーズに読み上げる
ことが出来るので、2、3回通して
音読を行えば学習完了だ。
 

英文法の基礎を理解する

 
 

3)中学英語ドリルで基礎固めを行う


英文法の勉強がインプットだとすれば
英語ドリルや問題集を解くことは
英語のアウトプットに相当する。
 
 
語学学習はインプットだけに偏りがち
だが、自分の力として身に付けるため
にはアウトプットすることが重要。
 
アウトプットを繰り返すことで
理解出来ていない部分を洗い出し
学習漏れを防ぐことが出来る。
 
使用する教材は『スタートでつまずかない中学英語』だ。
 

 
ドリルを解いた後も、英文は必ず
声にだして読み上げるようにする。
 
 
例えば1ページ完了したら、そのページの
英文を全て声に出して読み上げる。
 
英文法の学習と同じように、最後まで
学習が終わったら、最初に戻って
英文の音読を数回行うようにしよう。
 
繰り返すことで自分の中に学習した
内容を身に付けさせることが出来る。
 

英語ドリルでアウトプットの訓練を行う

 
 

TOEIC 200点からの脱出まとめ

以上がTOEICで200点から脱出する
ための勉強法の流れになる。
 
 
特別変わったことをしていないが
一通りの学習を終えた所でTOEICを
受講すれば少なくとも300点は
超えることが出来る筈だ。
 
人によっては400点を超えることも
出来るかもしれない。
 
 
英文法と英語ドリルが完了したら
TOEICを受講する前にもう1冊は
中学英語レベルの教材を購入して
学習してみるのもお勧め。
 
一度学習した内容なので、難しいとは
感じず、簡単だと思うだろう。
 
 
しかし使われている英語表現や
例文が違うので、さらに英語の理解が
進むメリットがある。
 
勿論、学習中は音読することを
忘れないように。
 
 
ここまでの学習で英語の土台作りの
ための基礎が完成する。
 
学習が難しいと感じても飛ばしたりせず
何度も少しずつ繰り返して勉強する
ことが力を付けるポイントだ。
 
 
焦らずじっくりと力を付けていこう。
 

詳しくはココをクリック
メールアドレス

 

タグ :    

TOEIC 200点台のときにやった勉強法   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 匿名 より:

    フィリピン移住に興味があり、
    登録させていただきます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る