副業 海外

三流工業高卒がTOEIC200点から900点に改善したら、海外でプチ富豪生活することに

日本のテレビを海外でリアルタイムに見る方法をまとめてみた


tv

 

海外で日本のテレビをみる方法

海外で日本のテレビを見たいという
相談を受けることがある。
 
 
フィリピンでの生活を始めてから
テレビを見なくなったので個人的には
必要性を感じていない。
 
ただ、海外生活は問題無くても
日本のテレビだけはどうしても見たい
という人の方が多いと思う。
 
 
そこで、海外で日本のテレビを
見る方法について簡単にまとめて
みようと思う。
 
 
 
日本のテレビを海外で観る方法は
大きく分けて二つ。
 
 
ひとつめは日本のテレビを
ストリーミング配信している
サービスを利用する方法。
 
ふたつめは日本の家からインターネット
経由で映像をストリーミング配信させて
海外で観る方法だ。
 
 
それぞれメリット、デメリットが
あるので自分に合っていると思う方を
試してみてほしい。
 
 
 

ストリーミング配信サービスを利用する

メリット:複雑な設定が必要なく
idとパスワードを入力するだけなので
パソコン初心者でも簡単に利用できる。

 
デメリット:有料なので継続して視聴する
ためにはある程度の出費が嵩む。

 
 
このサービスでは海外で日本のテレビを
見る為にネット経由で配信している
映像を受信機で受け取りテレビに出力する。
 
インターネット配信の設定が
分らない人やパソコンが苦手な人は
このサービスを利用する方がお手軽。
 
専用の端末(STB box)をテレビに
接続すれば家庭のテレビでそのまま
海外で日本のテレビが視聴出来る。
 
 
また、タイムシフトという機能が
搭載されていることが殆どなので
数日前に遡って録画した番組を
見ることが出来るのもメリット。
 
地上波だけでなく、BSやCS放送まで
網羅しているプランもありテレビ好き
にも満足の内容だろう。
 
 
デメリットは利用料金がかかること。
 
月額6000円以上の所が多く、継続して
料金を支払わなければならない点。
 
 
また、会社がサービスを終了した場合
突然見れなくなる点もデメリットの一つ。
 
海外で日本のテレビを配信する
サービスは何等かのトラブルで突然
サービスが止まったりすることがある。
 
最悪の場合、突然サービス自体が
終了する可能性があることは
頭の中に入れておきたい。
 
 
その他の注意点として、安定して
視聴するためには契約している
インターネット回線の接続速度が
ある程度必要となるので事前に
確認しておきたい。
 
海外のインターネット回線は
速度が遅いことも多く、日本のテレビを
見る環境を満たしていない場合も。
 
 
大抵は無料視聴サービスを行っている
ことが殆どなので、契約前に自宅の
環境で問題なく視聴出来るか確認しよう。
 
契約してみたら見れなかった
ということを防ぐことが出来る。
 
 
 
海外向けに日本のテレビを配信する
サービスを行っている会社はこれだ。
 
いくつかあるが、どれも同じような
サービスなので無料トライアルを試して
決めるのが良いかもしれない。
 
 
 
Internet TV world
アジアに強い会社
月額払いなので途中で契約を止めても
無駄に料金を支払う心配が無い。

 
 
SkyStream
支払は1年分纏めてだが、端末を
使用しないでPCで受信するだけの契約
なら月に2000円程度で契約可能。

 
 
 

自宅から映像をストリーミング配信

メリット:機器を購入するために
初期費用はかかるが、自宅から配信する
ので無料で利用出来る。録画も可能。

 
デメリット:設定が複雑なため
パソコン初心者には難しい。
トラブル時は自分で解決する必要がある。

 
 
この方法では海外で日本のテレビを
見る為に自宅のテレビ回線へ専用の機器を
設置し、映像をインターネット経由で
配信する。
 
 
機器の値段は約2万円と少し高いが
配信自体は自分の家から行うので
利用料金は必要ない。
 
長い目で見れば最も費用が
節約出来る方法だ。
 
 
何より突然のサービス終了で
見れなくなるということが無いことも
メリットの一つ。
 
配信される映像も日本に設置した地域の
テレビ映像をそのまま配信するので
まったく同じになる。
 
 
また日本のテレビを受信するために
専用の端末を持つ必要が無い。
 
つまり海外のどんな国にいっても
インターネット環境さえあれば
日本のテレビを見ることが出来る。
 
 
デメリットは全て自己責任となるので
設置から配信時のトラブルまで自分で
対応しなければならない点。
 
パソコンの設定に強い人なら問題無いが
そうでない人はトラブル時に
対応出来ない可能性も。
 
 
 
日本のテレビを海外で見る為に
自分でインターネット配信を
設定する場合はこの製品を購入する。
 
 
 
Slingbox
 
日本の自宅に設置する
ことでそのまま日本のテレビが視聴可能。
録画にも対応している。

 
 
 
以前はIO-DataでVULKANO FLOWという
製品を扱っていたのだが、2015年現在は
販売を終了しているのでこの製品しか
選択肢が無い。
 

とはいっても、録画も出来て便利な製品。
 
 

不満点はiphoneやandoroidで視聴する
ためのアプリが有料という点。
 
パソコンで観るだけなら無料だが
Flash Player対応が必要なので
PS4では観ることが出来ない。
 
テレビの大画面で映像を観たい場合
HDMIケーブルでPCからテレビに接続する
ことになる。
 
 
 

海外で日本のテレビを見るまとめ

以上が海外で日本のテレビを見る方法だ。
 
 
もし気になるのであれば直ぐにできる
無料視聴サービスを依頼して実際に
試してみることがお勧めだ。
 
最初はサービスを利用して
日本に帰った時に機器を購入して
自宅に設置するということも出来る。
 
 
現在はそれだけ日本のテレビを
海外で見る選択した増えている状況。
 
10年前は日本のテレビを海外で
リアルタイムに見る方法が無く
録画したビデオやDVDを大量に持って
行くのがあたりまえだった。
 
それがインターネット通信の発達で
日本のテレビを海外で観る障害が
大幅に減ってきている。
 
 
もし、海外生活への障害として
日本のテレビが観れないことが理由
だとしたら、これらの方法を検討して
みるのも良いかもしれない。
 

詳しくはココをクリック
メールアドレス

 

タグ :     

フィリピン(ボニファシオ)でのプチ富豪生活記   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る