フィリピン 禁煙

三流工業高卒がTOEIC200点から900点に改善したら、海外でプチ富豪生活することに

タバコがフィリピン全土の公共の場で禁煙に


禁煙

 

ドゥテルテ大統領が候補者の頃から公約として
掲げていたフィリピン全土での禁煙が7月から
施行されることになったそうだ。

 

 

元々はドゥテルテ大統領がダバオ市長時代に
実施した全面禁煙の条例が原案。

 

ダバオの条例を知らない日本人の出張者が
空港を出てタバコを吸おうとしたら
警備兵に囲まれて銃を突き付けられた
というのは有名な話だ。

 

 

個人的にはタバコを全く吸わないので
受動喫煙のリスクが下がる法律は歓迎だが
フィリピン全体でこの法律が機能するか疑問だ。

 

基本的なマナーやルールに対してルーズな
フィリピンという国で禁煙だけ厳しく
取り締まっても上手くいかないだろう。

 

 

それでも、対象がフィリピン人だけなら
滞在している日本人には影響が無いので
構わないが、今回の法律はそうではない。

 

 

どうやら対象はフィリピン人だけでなく
フィリピン全土で全ての人に適用されるので
日本人の滞在者でも例外ではないそうだ。

 

 

公共の場所という定義はあいまいだが
交通機関や乗り場、政府機関建物に
公園や市場などが取り締まりの対象。

 

 

 

例えばセブ旅行中に公園を歩いていて
タバコを吸おうと思って火を付けたら
それだけで法律違反になってしまう。

 

初回の違反なら500ペソ程度なので
日本円で1200円くらい。

 

 

だが、何度も違反していると最大で1万ペソ
日本円で約2万4千円の罰金になる。

 

金額自体は日本人にとって払える額だが
問題なのは取り締まる人間が正規の職員か
判断出来ないことだ。

 

 

基本的に取り締まることが出来るのは
フィリピンの国家警察の警官や自治体の
特別な職員のみ。

 

 

ただしフィリピンという国は政治家にも

公務員にも腐敗が多い。

 

 

こういった法令の変更に便乗し
非正規な取り締まりで金を要求して
横取りしようとする職員が必ず出てくる。

 

 

観光客は取り締まっている人間が
非正規なのか正規なのか判断が付かないので

要求されるままお金を支払う人が多いだろう。

 

知ってさえいれば非正規であることを指摘し
罰金を断ることも出来るが、短期の旅行者には
見分けることが難しい。

 

 

そういう背景からこういった言いがかりは
短期の旅行者に対して狙いを絞ってくる
可能性が高いのではないかと思う。

 

恐らくセブやボホールなどの観光地や
空港出口などでタバコを吸っている人を
重点的に狙うはずだ。

 

 

これまでフィリピン旅行や出張で気軽に
外でタバコを吸っていた人が、ある日
突然罰金を徴収されるようになる。

 

具体的にいつから施行されるか
ハッキリしないのがフィリピン流だが
今後フィリピンを訪れる人は屋外での
喫煙を自重した方がいいだろう。

 

詳しくはココをクリック
メールアドレス

 

フィリピン(ボニファシオ)でのプチ富豪生活記   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る